MENU

薬剤師のダブルワーク

薬剤師として普段働きながら、休日や夜間にアルバイトとして薬剤師の仕事をする人が居ますよね!

 

ダブルワークですが、薬剤師の場合、時給が高い単発薬剤師求人や夜間薬剤師求人も多く収入アップの手段として有効ですよね!

 

薬剤師さんがダブルワークするには、条件に合う求人を探す必要があるのですが、この求人探しの大変さに挫折する人も多いのではないでしょうか!

 

薬剤師に限らず、ダブルワークをする際に本業との兼ね合いに苦労しますよね!条件に合う求人探しに苦労する人がほとんどですね!

 

しかし薬剤師の場合、単発やスポット薬剤師求人が有り、しかも時給3000円以上の求人も多く1日だけでも稼げる仕事も有ります。

 

後は、この単発薬剤師やスポット薬剤師、夜間薬剤師などの求人探しですが、自分に合う求人探しは大変です。そこで役に立つのが薬剤師派遣です。
コチラの条件を登録しておけば条件似合う求人紹介も可能です。また自分で探す事も出来るので急な休日などで働きたい時に仕事探しが出来ますよ!

 

薬剤師のダブルワークは、薬剤師派遣か師派へ登録してそこからの紹介が便利で確実ですよ!

薬剤師の副業、ダブルワークは可能か

薬剤師の副業は規制も多く、職場、会社で禁止されていることが多くできる方は限られるのではないでしょうか?
まず、管理薬剤師の副業は禁止されていますので管理薬剤師さんは副業はできません。また医療従事者の副業もたくさんの規制があるため、これに当てはまる方は、副業、ダブルワークをすることが出来ないですね!

 

副業をお考えの薬剤師さんは、まずはあなたが働く会社が副業を承認しているのかが重要になります。最近は、副業を承認する会社も多くなってきています。以前は副業を禁止していた企業でも条件付きで副業を承認されるケースも多くなってきているので、禁止有無の確認とともに禁止されていても一度、交渉してみることも重要ではないでしょうか?

 

上記がクリアーされている場合は、あなたの働き方で薬剤師として副業が可能なのかの確認が必要になりますね!これは薬剤師求人サイトなどのコンサルトさんに確認すればわかると思います。単発やスポットの薬剤師バイトなどで、月に数回のアルバイトをしたいなど、具体的な働き方がわかれば、コンサルトさんが調べてくれると思います。

 

副業、ダブルワークで薬剤師としてする場合、規制や禁止事項がありますので、しっかりと確認してから働くようにしてください。薬剤師求人サイトなどの紹介ならしっかり調べてから働くことが出来るので安心できると思います。